抜けた歯はどうしていますか?

歯が抜けた時どうするかあなたを手助けする総合情報サイト

抜けた歯をどうするか?新しい道を考えましょう

このコラムをシェアする

再生医療に役立つ抜けた歯

抜けた歯の歯髄が再生医療に役立つといっても、虫歯でボロボロになった歯は使えませんね。再生医療に使う歯髄は、硬い象牙質に囲まれた歯の中にある血管と神経が通っている部分です。ですから虫歯でここの部分が破壊されてしまっている場合には、役に立ちません。

この歯髄の中の歯髄幹細胞を取り出して、増殖させて、病気や怪我を治療する、再生医療に役立てるのが目的です。再生医療というと、臍帯血や骨髄細胞からとった幹細胞を増殖することが多いのですね。

乳歯や抜歯された親知らずの歯髄細胞は、骨髄細胞や臍帯血細胞に匹敵する活動力のある幹細胞があり、それを増殖して治療に使うことが少しずつ可能になってきました。治療への応用範囲も、歯髄からとった幹細胞のほうが多いといわれ始めています。

歯髄幹細胞の応用

歯髄幹細胞の応用は九州大学、京都大学、愛知学院大学などで研究されています。幹細胞を骨髄や臍帯血からではなくて歯髄から採取する利点は、抜けた歯を使いますから、幹細胞を採取する体に負担がかかりません。臍帯血の場合には出産のときしか、採取できませんね。乳歯や親知らずあるいは単にその他の歯の場合には、抜けた歯ですから、体に負担はかかりません。

その上、歯髄細胞は細胞の増殖能力が、骨髄や臍帯血からとった幹細胞よりも高いことがわかっています。歯が象牙質という固い組織で守られているために、歯髄の中の遺伝子に傷がつきにくいのですね。人間の体のすべての細胞に適応できるといわれているPS細胞を、この歯髄からとった幹細胞を増殖して作ることも可能になってきています。