「お呼ばれ着物」の用意に迷う人に役立つ情報サイト

決め手となるポイントは

着る機会は

「振袖」は未婚女性の第一礼装としても知られています。
そのため、結婚式のお呼ばれで着るのはもちろん、成人式や卒業式などで着る機会もあるでしょう。

また、成人式を機に着物をつくる人も多いかもしれません。
そうすることで、短大や大学の卒業式にも着る機会がでてきます。
現在は「お見合い」そのものが少なくなりましたが、お見合いのときに着るのもよいでしょう。

このように考えると、着物を購入したほうがよいかもしれませんね。
姉妹がいる人は共用することもできます。
また、将来的には、自分の子どもや孫に譲るのもよいでしょう。

もちろん、着物を着る機会の多少はケースバイケースです。
着物の購入に悩む人は、これから着るシーンを考えると答えが見つかるかもしれませんね。

着物の種類にもよる

未婚女性の第一礼装としてもお馴染みの「振袖」ですが、年齢によっては難しい場合もでてきます。
振袖を購入した年齢や、色・柄などにもよりますが、着られるのは30代前半くらいまででしょうか。

ただし、振袖のなかには訪問着に仕立て直せるものもあります。
訪問着は女性の準礼装であり、未婚・既婚を問わず着られることも大きなメリットです。
結婚式のお呼ばれ着物以外にも、いろいろなシーンで活用できるため、購入に踏み切ることも選択肢のひとつですね。

なお、親族の結婚式に出席するとき、既婚女性は留袖が一般的です。
こちらの着物を着る機会は予想しやすいため、購入するかどうかの目安になるのではないでしょうか。
着物を買うかどうかは、目の前の課題だけでなく長い目で考えることをおすすめします。