「お呼ばれ着物」の用意に迷う人に役立つ情報サイト

購入?借りる?お呼ばれ着物を用意するときのポイントとは

購入するメリット

車をはじめ、清掃用品や介護用品など、いろいろな分野でレンタルサービスが人気になっています。
そんななか、あえて自分で購入するのには、それ相当のメリットがあるからですよね。
着物の場合も例外ではありません。

着物を購入する大きなメリットは、自分のものになることです。
また、新品に袖を通せるのも嬉しいですよね。
着物の色や柄を選べる、自分の体に合わせて仕立てられる点などにも注目されます。

さらに、帯をはじめ、帯揚げや帯締めなどを変えることで、違った雰囲気を楽しむこともできます。
着物を大事に保管することで、子どもや孫世代に残せることも可能ですよね。

なお、独身女性のお呼ばれ着物として振袖は代表ですが、結婚式以外の場にも着ていくこともできます。
着たいときにすぐ着られるため、手元にあると便利ではないでしょうか。

購入するデメリット

一方、着物の購入にはデメリットがあることも知っておきましょう。
まず、考えられることは購入するためにお金が掛かることです。
着物だけでなく、帯や小物類などを一式揃える必要があります。
ふだん洋服で過ごす機会が多いため、それらを準備するのは大変ですよね。

また、着物を保管する場所が不可欠です。
保管状態がよくないとカビが生えることも少なくありません。
タンスのなかに眠らせたままだと、湿気を吸うことを知っておきましょう。
それを防ぐためには定期的な虫干しが必要ですが、けっこう面倒ではないでしょうか。

このように考えると、着物の購入に二の足を踏む人もいるかもしれません。
袖を通す機会が少ない場合は、文字通り「タンスの肥やし」になることも考えておきましょう。
なお「タンスの肥やし」が持つ本来の意味は別にあります。